トップページ >  DPAの基礎知識 >  DHAやEPAとの違い

DHAやEPAとDPAはどう違う?

・DHA(ドコサヘキサエン酸)
・EPA(エイコサペンタエン酸)
・DPA(ドコサペンタエン酸)


はいずれも脂肪酸のなかでも不飽和脂肪酸という種類であり、そのなかでも不飽和脂肪酸としての性質が強いので高度不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸と呼ばれています。


要するに体にとっていいオイルのなかでもさらにいいだということです。(笑)


それぞれの特徴はというと


DHA(ドコサヘキサエン酸)


脳の伝達性を高めて記憶力を高める。目の網膜に作用して視力に作用する。 そのため頭がよくなる、記憶力がよくなる成分として有名です。最近では痴呆症の予防や改善効果について研究がすすめられています。


EPA(エイコサペンタエン酸)


血圧降下作用があるほか、血液をサラサラにする効果があるので心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化に効果あり。中性脂肪を低下させる効果が高いです。いわゆる青魚のサラサラ成分というのはDHAではなくEPAの効果になります。


DPA(ドコサペンタエン酸)


主な効果効能としてはEPAと同じです。ただし、DPAの血液をサラサラにする効果はEPAの10倍といわれています。アルギニン(アミノ酸)と一緒に摂取するといっそう効果的であることがわかっています。


DHA・EPA・DPAのオメガ3系脂肪酸は主に魚の油に含有されていますが、DPAにかんしていえば魚の油に含まれているのはほんのわずかであり、アザラシの脂に多く含有されている特徴があります。


アザラシは魚を餌にしていることもあって魚に多く含まれるDHAやEPAもその脂肪なかに豊富に含んでいますし、DPAについては魚の約3倍含んでいるので魚の脂を摂取するよりもアザラシの脂であるハープシールオイルを摂取したほうがより効率よく大量にDPAが摂取できます。