トップページ >  DPAの効果 >  LDLコレステロールを下げる

LDLコレステロールを下げるDPAの効果

コレステロールは、細胞膜の形成やホルモンの原料になる脂質の一種で体にとって欠かすことができない不可欠な成分です。しかし、増えすぎは生活習慣病のリスクを高めるということで健康番組や雑誌では「生活習慣病の元凶」として扱われることが多いですよね。


そんなコレステロールですが、善玉といわれるHDLコレステロールと悪玉といわれるLDLコレステロールの2つに大別できます。それぞれの特徴を簡単にまとめると


HDLコレステロール
体内に余ったコレステロールを回収して肝臓に戻す働きをする。


LDLコレステロール
全身に組織そして臓器にコレステロールを運ぶ働きをしますが、増えすぎると血管内に沈着するようになり、血管を傷つけてダメージを与えたり、血栓や動脈硬化の原因になってしまう。


コレステロールは体にとってなくてはならない成分であるため毎日肝臓で合成されています。さらに食事からも摂取できるため脂肪過多のコレステロールの高い食生活を続けていると体内にコレステロールが増えすぎてしまいます。


使われる量以上にコレステロールが余ってしまうとLDLコレステロールの数値が高くなってしまうわけです。


悪玉コレステロールという名前がつくといかにも体にとって有害な影響を与えそうですが、問題が起こるのはあくまで過剰に増えてしまった場合です。血中にLDLコレステロールが増えすぎてしまうと血管の壁に付着して剥がれにくくなってしまい、これが動脈硬化の原因になってしまいます。


長年の脂肪過多の食生活によって増えてしまったLDLコレステロールに対してDPAが効果的なのは


・血管壁を柔らかくしてくれる
・高血圧やLDLコレステロールによって傷ついた血管壁の傷を修復してくれる。
・赤血球の柔軟性(変形能)を高めて血液をサラサラに。血栓を作らせない
・HDLを増やしてLDLを減らすといった血中の脂質バランスを調整してくれる


血中の脂質バランスが整うと肝臓の不要になったコレステロールを回収する能力が高まってくるのでその結果としてLDLコレステロールの数値が下がってくるということもありますし、さらにはDPAがEPAの効能を高めてくれるということもあります。


EPAも、LDLコレステロールを下げて、HDLコレステロールを上げる作用がありますからW効果が期待できるということですね。コレステロールを下げる場合はDPAとEPAは一緒に摂取するとより効果的です。