トップページ >  DPAの基礎知識 >  DPAはオメガ3系列脂肪酸

オメガ3系列脂肪酸(DPA/DHA/EPA)を解説

DPA(ドコサペンタエン酸)は人体で合成できず、食事から摂取する必要がある必須脂肪酸のうちオメガ3系列脂肪酸に分類される脂肪酸です。オメガ3系列脂肪酸に分類されるものにはほかにDHA・EPA・αリノレン酸が有名です。


油(脂質)は糖質とタンパク質とともに人間の体にとって欠かせない3大栄養素のひとつです。


カロリーが高いこともあって嫌なイメージもある油(脂質)ですが、必ず摂取する必要が成分であり、不足すると抜け毛や皮膚障害などさまざまな問題が起きてきます。


ただ、今の脂肪過多の日本人の食生活を考えると考えないといけないのは過剰摂取であり、体に悪い影響を及ぼす脂肪酸を摂取しないということ。摂取する脂肪酸の違いがそのまま血中脂質の違いになってでてくるため、それがガン、痴呆症、アレルギー、狭心症、脳卒中などに関わってくるからです。


ほとんどの人にとって油(脂質)に対する認識、知識としては、


・動物性油脂は飽和脂肪酸で体に悪い
・植物性油脂は不飽和脂肪酸で体にいい


あるいは、


・人間の体温で「飽和」が起きる、つまり溶け切らずにダマになる脂が「飽和脂肪酸」
・人間の体温で溶け切ってしまい、「飽和しない」脂が「不飽和脂肪酸」


というぐらいではないでしょうか?


健康に関係することであれば、これまで体にいい油としては植物油脂が推奨されてきました。いまでも植物油は動物油に比べて体にいいと思っている人がいると思いますが、本当に大事なのは動物性か植物性かということではなく、「リノール酸(オメガ6)/αリノレン酸(オメガ3)」のバランスがどうか?ということです。


現在の日本人の食生活は、リノール酸を採りすぎているといわれています。このリノール酸は一時的なコレステロールを下げる効果などが認められているものの、動脈効果や発がん率を上げること、アトピーの原因になることなど、むしろ悪影響のほうが大きいことがわかっています。


すでに厚労省などはリノール酸の摂取量を減らし、オメガ3系列脂肪酸(α-リノレン酸)の摂取量を増やすように促しています。それもそのはずで、DPAが属するオメガ3系列の脂肪酸というのは、心血管系疾患や動脈硬化、脳機能の改善に優れた作用を示すことが知られており、現代人の血中の脂質バランスを整えてくれるからです。


リノール酸とα-リノレン酸の理想バランスは1~4対1ですが、実際は10:1、人によっては50:1になっているといいます。興味がある方は、血液検査で血中「EPA/アラキドン酸」(EPA/AA比)を調べてみてもらってください。


このリノール酸とα-リノレン酸ですが、競合関係にあるため互いに作用を打ち消しまう性質があります。つまり、毎日どちらの種類の脂肪酸を摂取しているかで健康に及ぼす効果・影響は180度違ってくるということです。


生活習慣病を防ぎ、健康長寿を実現するには、オメガ3系列脂肪酸(DPA/DHA/EPA)を摂取したほうがいいのはもう間違いないことなんですね。